枝豆・茗荷始まってます

暑い夏、スポーツや仕事でかいた汗をサッパリ流した後は、やはりビールで疲れを癒したいですよね。

そんな時にピッタリの夏野菜もどんどん出始めています!

ビールと枝豆の組み合わせは健康的にも良いようですね。
冷奴の薬味として、或いはそのまま味噌を付けて、などなど、茗荷は夏には大活躍ですね。
LINEで送る

鮮やか緑

暑くなり種類も量も増えてきている出荷のなかでも、鮮やかな緑色の蔬菜はひと際目立ちます。

袋詰めだと分かりにくいですが、裸のままだと、その色合いからもとても美味しそうに見えますね。

キセラ隠元(インゲン)、いい色してますね
シシトウも鮮やかです
こちらはボタンコショウでしょうか。奇麗ですね。
LINEで送る

切り花もあります

梅雨が明け暑い日々がやってきていますが、皆様体調にはお変わりありませんでしょうか?

青果物はますます元気になって出荷量も増えてきていますが、実は青果以外でも切り花も出荷されてきて、こちらも目を楽しませてくれます。

LINEで送る

プルーン始まってます

プラム、ネクタリンといった果実系の出荷が増えてきていますが、ここにきてプルーンの出荷も多くなってきました。

プルーンはいろいろな種類もあり、味も特徴がありますので好みが分かれるところかと思いますが、健康的なイメージもあるのでいろいろな種類を食べ比べてみると面白いかもしれませんね。

これは「オパール」という品種です
これは「サンタス」という品種です
これも「サンタス」ですが、3Lサイズのパック品です
LINEで送る

フクミミコショー

ここ飯山界隈、北信濃では「トウガラシ」を「コショー」と呼びますが、このフクミミコショーも一般には「福耳とうがらし」と呼ばれているようです。

文字通り大きな福耳を連想させるその大きさや形ですが、味は見かけほどやさしくなく、結構刺激的のようです。是非お試しください!

この程度の大きさがコショー(トウガラシ)としては普通ですが
フクミミコショーは倍くらいの大きさです
LINEで送る

新鮮キュウリの証拠

当市場は産地市場として地元で採れた新鮮野菜や果物を扱っていますので、その時々でいろいろな品物が出荷されてきますが、いずれも新鮮採れたてです。

例えば出荷されてきているキュウリをよく見てみるとイボイボが鋭くて痛そうですね!

LINEで送る

カボチャ

気温も高く雨もたくさん降っていると、いろいろな蔬菜がたくさん出荷されてきますが、その中で、カボチャはひときわずっしり構えているように見えます。

カボチャは冬のイメージもありますが、夏のカボチャも特に採れたては美味しいので、いろいろ楽しめる食べ物ですね。

ぼっちゃんカボチャは夏でも元気を与えてくれそうですね
これは「雪化粧」という冬のネーミングですが実は夏が収穫期です。

LINEで送る

サマークリスタル

最近はネクタリンの出荷が増えてきていますが、その中でも長野県北信濃エリア産の品種としてサマークリスタルがあります。

早生種の一種で出荷時期が短いので、もし店頭で見かけたら迷わず「買い」ですね!

LINEで送る

大石早生

プラムと一言でいっても色々な種類があり、夏にかけて順次出てきますが、まずは大石早生という種類が名前のとおりトップバッターでしょうか。

実の先端辺りが赤くなり始めた頃が収穫のベストタイミングのようで、あまり赤くなりすぎると店頭に並ぶ頃には熟しすぎてしまうようで評価ランクも下がり、いわゆるB級品扱いとなってしまいますが、大量に作っているとなかなか難しいようですね。

大石早生(おおいしわせ)がたくさん入荷していますが、その中でも
これはA級品になります
こちらの方が美味しそうですが、こちらはB級品扱いになってしまうようです。
LINEで送る

桃の季節到来

各地から桃の出荷の便りが届いていますが、ここ北信濃でも桃の出荷が始まっています。

まだ早生種が主体ですが、これから夏本番が楽しみになってきますね。

これは「ふくおとめ」という品種です。
おなじく「ふくおとめ」の、ちょっと大きめなもの。いい色してますね
そして、こちらは「タマキ」という、やはり早生品種です。
LINEで送る