沿革

沿革

飯山中央市場株式会社の歴史

出来事
第1期 
昭和45年(1970)
創立
社名:飯山中央青果市場株式会社、所在地:飯山市大字飯山5315番地1
資本金650万円、株主65名、代表取締役 小林朝治、専務取締役 小林仁。
季節市場であった常盤牛蒡生産組合の青果物市場(小沼市場)を譲受し創業
市場開場、飯山市の春日市長ほか来賓招待し盛大に祝賀会開催
第3期 
昭和47年(1972)
長野県より「卸売市場開設許可」および「卸売業務許可」を受け、「飯山中央青果地方卸売市場」としてスタート
第二売場 増改築工事
第4期 
昭和48年(1973)
木造2階建の新社屋完成
3期経過し初めての配当(利回り10%)を実施し、以降毎期実施中
第6期 
昭和50年(1975)
資本金2,150万円に増資、株主234名
第7期 
昭和51年(1976)
丸水長野県水様のご支援を得て「飯山丸水魚市場株式会社」を設立し水産物の取り扱いを開始
戸狩漬物から第二加工場を買受ける
第8期 
昭和52年(1977)
北側下屋を増築し、正面入り口が完成
第10期 
昭和54年(1979)
各種データの機械処理のため、コンピューター導入
第11期 
昭和55年(1980)
創業10周年記念式典挙行
長野青果の瑞穂工場を買受け、新進漬物有限会社設立
第13期 
昭和57(1982)
取扱い量の増加により、市場を拡張し、東倉庫を新築
第14期 
昭和58年(1982)
業績順調に推移し、初めて2割配当を実施
新進漬物(株)の新社屋工場竣工
第15期 
昭和59年(1984)
小林朝治社長が会長に、小林仁専務が代表取締役社長に就任
輸入食品取扱いの京信交易株式会社を子会社化
第16期 
昭和60年(1985)
懸案の飯山市場一本化について長印長野中央青果株式会社と合意
長印飯山支社隣接地に売場増設
第17期 
昭和61年(1986)
長印飯山支社と合併し「長印飯山中央青果市場株式会社」発足、資本金7,600万円。
本社を現在地(飯山市木島)に移転。
第19期 
昭和63年(1988)
電子機器製造のトキワ電子株式会社を子会社化。
第20期 
平成元年(1989)
配送センターにエノキ茸真空梱包機導入、優良納税社として県知事表彰受賞
第21期 
平成2年(1990)
創業20周年記念式典挙行
本格的にコンピューターによる管理システム導入(窓口精算・在庫管理・財務管理)
第22期 
平成3年(1991)
創業以来初めてグループ売上高100億円を突破
第23期 
平成4年(1992)
小林朝治会長(創業者)が80歳で逝去、社葬を執り行う
中国大連市に100%出資子会社として「大連信連食品有限公司」設立
第25期 
平成6年(1994)
本社屋の大増改築工事完了(2階事務所新設・売場拡大等)、総投資額2.1億円
第26期 
平成7年(1995)
社名を「長印飯山中央市場」に変更
木島平村の本シメジ工場(内藤きのこ工場)を借用し、シメジの自社生産開始
第28期 
平成9年(1997)
石田賢洋氏(代表取締役副社長)が54歳の若さで急逝。告別式を石田家と合同で社葬にて執り行う
長野青果販売所(中野市江部)の土地建物、営業権を取得
歴代最高売上を記録、飯山中央市場93億円、グループ総計114億円
第30期 
平成11年(1999)
買受人組合が主催し「市場祭り」を盛大に実施
第31期 
平成12年(2000)
創業30周年記念式典挙行
子会社のトキワ電子(株)事業閉鎖
長野県八千穂村に高原野菜を取り扱う「信州がんこ村株式会社」設立、2,000万円出資
第32期 
平成13年(2001)
市場隣接のマルイチ産商様所有地を購入し、増加する菌茸に対応する冷蔵設備を備え「第二配送センター」を開設
大手スーパーの破綻、撤退による中心市街地空洞化に対応するため、株式会社イーマートを設立しスーパー事業を開始
第33期 
平成14年(2002)
子会社の飯山丸水魚市場(株)を解散し、飯山中央市場の一部門(水産部)として再スタート
第34期 
平成15年(2003)
第三者割当増資により資本金9,400万円に
トキワ電子(株)をアグリプロ(株)に社名変更し、農産物の生産販売事業に進出。中野市西条にハウス9棟を建設、同市若宮にハウス5棟を借用し、菌床椎茸栽培事業開始
(独)農畜産業振興機構から、価格安定事業対象市場の認定を受ける
(株)イーマート事業閉鎖
第35期 
平成16年(2004)
第一配送センターを作業効率化のため増築(事務所、作業所、冷凍冷蔵庫)
北信州みゆき農協様からAコープ木島店と大町店を引き受け、共同出資にて「株式会社みゆき」を設立(資本金1,000万円)
アグリプロ(株)が菌床椎茸栽培から撤退し、白霊茸栽培を開始
第36期 
平成17年(2005)
「クリーニングのよねくら」をM&Aにて買収
第37期 
平成18年(2006)
大豪雪で建物、屋根、壁等に大きな被害を受ける
本社南側隣地の旧東京スタイル様の土地建物を取得
大連信連食品有限公司に、だったんそば茶製造工場新設
第38期 
平成19年(2007)
信州がんこ村(株)解散
第1回無担保社債1億円発行(八十二銀行引受)
第39期 
平成20年(2008)
長印飯山中央市場株式会社から飯山中央市場株式会社へ社名変更
「北佐久営業所」開設し高原野菜の取り扱いを本格的に開始
第40期 
平成21年(2009)
子会社の(株)よねくらが(株)タイムリーを買収し上田地区に進出
子会社の(株)みゆきが市内中心部に生鮮市場本町店を開店
第41期 
平成22年(2010)
創業40周年記念式典挙行
第43期 
平成24年(2012)
飯山市温井地区の共同集荷場として温井園芸組合集荷場を開設
第44期 
平成25年(2013)
(株)みゆきは運営していたAコープ木島店・大町店を閉鎖し解散、生鮮市場本町店をアグリプロ(株)へ譲渡
長野青果販売所のエノキカット工場において、最新鋭の機械設備導入
第45期 
平成26年(2014)
飯山中央グループ社内報 創刊号発行
第47期 
平成28年(2016)
省エネおよび環境対策として、空調、LED照明切替、冷凍冷蔵庫更新等を約1億円かけて実施
第48期 
平成29年(2017)
小林仁社長が会長に就任
長野青果販売所が事業拡張で手狭となり、旧向井工業様工場を購入し当社最大の冷蔵倉庫を設置
第49期 
平成30年(2018)
株券不発行会社へ移行
第50期 
平成31年(2019)
小林次郎副社長が社長に就任
生鮮市場本町店を閉鎖し、アグリプロ(株)解散
新たに(株)アグリプロを立ち上げ、民営の道の駅「いいやまぶなの駅」を国道117号線沿いにオープン
第51期 
令和2年(2020)
業務縮小により京信交易(株)を清算し、事業は本社貿易部に吸収。
4月7日、創立50周年を迎える

お問い合わせ

各種お問い合わせ先のご案内・
市場見学申し込み・お問い合わせフォーム

お問い合わせ・見学申込