秋映、紅玉、シナノスイート+α

まさに一雨一度、今日も雨で秋がどんどん深まり、それに合わせるようにリンゴの出荷品種もどんどん変わってきています。これからますます楽しみですね。

秋映もピークを過ぎ。。。
今年は例年より多く出荷されていた紅玉もそろそろピークも過ぎ。。。
今日はシナノスイートが一番多かったでしょうか。
一方でリンゴの脇には花も。市場では花も扱っています。
LINEで送る

猿梨、果林、等

秋の季節が進み、リンゴの出荷も秋映からシナノスイートに主役が移り始めました。

その脇で珍しい果物をいくつか見かけましたのでご紹介します。

手前に秋映が多少見えていますが、その向こう側はシナノスイートが場所を占めていました。
そして、その横のエリアには「アルプス乙女」が控えめに並んでいました。
横に目を向けると「猿梨(サルナシ)」が競りを待っていました。
その横には先日ご紹介の「マルメロ」に似ているけど違う果物「果林(カリン)」もありました。
LINEで送る

りんご三兄弟

いろいろな品種があるリンゴの中でも、「秋映(あきばえ)」「シナノスイート」「シナノゴールド」は長野県産まれのオリジナル品種として、JA全農様が「りんご三兄弟」と商標登録されるほどに力を入れているリンゴです。

今日はその三兄弟が揃いました。

右側に並ぶ黄色系の列が「シナノゴールド」、その左隣が「シナノスイート」、その奥側は「秋映」です。あ、写真左下にちょっと写り込んでいるのも「秋映」ですね。

LINEで送る

秋の主役はやはりリンゴ

桃、ぶどう、梨、いろいろな果物が採れる長野県ですので、ここにもいろいろな果物が出荷されてきますが、やはり長野県、特に北信州はりんごが美味しく有名ですし、採れる量も種類もとても多いのが特徴です。

10月に入り、ブドウなども非常に多いのですが、やはりリンゴが主役の座に迫ってきました。

ご存知「シャインマスカット」非常に人気があり、最近の主役でした。
リンゴは「シナノドルチェ」などの品種も出荷されてきていますが
今は「秋映(あきばえ)」が出荷の旬ですし、やはり秋はリンゴが主役になってきますね。

LINEで送る

今日のくだもの

飯山市の今朝の最低気温は10度程度と、この秋一番寒い朝でしたが、昼間はそれなりに温かくなり、如何にも秋の季節本番に向かっていることを感じさせる一日になっています。

今朝の競りに出荷されていた果物たちも秋本番を迎えて各種増えてきていました。

これは「ゆめかおり」という10月頃まで採れる品種です。このように夏の余韻がまだ残っている傍らで。。。
秋の果物の柿が並んでいました。これは「西村早生柿」という品種です。
リンゴの「秋映」の出荷量が増えてきました。
そして今日は「早生ふじ」と呼ばれる、いわゆる「ふじ」の早熟系枝変わり品種も登場していました
LINEで送る

リンゴもブドウも続々と

台風12号の影響が懸念されていましたが本州直撃を免れて一安心、でもその置き土産で結構強い風や秋雨前線による被害が引き続き警戒されています。ここ飯山でも今日は朝からずっと雨降りですが、適度な雨量で収まってくれると良いですね。

今日は従来よりもちょっと旬の季節が進んだリンゴが入り始めましたのでご紹介します。

これは「紅玉」です。雨で外が暗かったため照明を反射していい艶を見せてますね。
これは「秋映(あきばえ)」、例年9月下旬頃から出始めます。
そして、9月になってからは露地物ブドウも多く入ってきていますが、いろいろ品種がある中でも「ナガノパープル」はやはり逸品ですね。
LINEで送る