漬物の季節

秋から冬にかけては、寒くなるとともにいろいろな漬物を仕込み始める季節でもあります。

厳寒大雪の中で冬を越す長野県の食文化の中では保存の利く漬物は重要な食材で、当市場でも関連の品物がいろいろ出荷されてきています。

これは「野沢菜」です。以前もご紹介しましたが、このエリアにある野沢温泉村発祥の野沢菜漬に使われ、今では全国的にも有名です。
これは採れた大根を暫く天日干しにした「干し大根」です。煮物などにも使われますが、長野県ではたくあん漬に使われることも多いです。
これは「柿の皮」を剥いて干したものです。干し柿作りの副産物ですが、隠し味用として、たくあん漬などに一緒に混ぜ込み漬けることが多く、長野県では多く使われています。
LINEで送る