木の実って果物?

農林水産省による作物の分類の定義では「樹木になるものが果物」という定義があるようですが、今日ご紹介します「木の実」のうち、市場では銀杏は「蔬菜」に分類されていて、栗とクルミは「果実」に分類されています。

同じように木に生るもののうち、梅も「蔬菜」に分類されていますが、リンゴや梨は「果実」、なかなか難しいですね。

銀杏は「蔬菜」の分類になりますが
栗は「果物」の分類になります。
これは「ヒメクルミ」、形が特徴的ですが、このクルミも「果実」の分類になります。
LINEで送る

秋らしい蔬菜

「蔬菜(そさい)」という言葉は一般には馴染みが薄いと思いますが、農業関係者や市場・小売り関係者は広い意味で野菜類・草木類等を表す言葉として使っています。

最近は季節が進んで秋らしい蔬菜が増えてきていて、今日もいろいろ出荷されていましたので、いくつか紹介します。

ご存知「栗」、出荷量も日に日に増えてきています。
これは「ハゼモロコシ」、これを炒めるとポップコーンができます。「爆裂種」という呼び方もありますが、ポップコーンを作ったことがある人はイメージできますね。
LINEで送る

栗、南瓜、梨

台風も去って少しは秋らしくなるかと期待しましたが、今日の飯山市はなんと最高気温が35.7度! この異常気象で作物が大丈夫か気になりますし、それ以上に作業されている農家の皆さんの健康が心配になってしまいますね。早く例年通りの秋になってもらいたいものです。

さて、今日も市場で見かけた青果を紹介します。

秋をイメージさせる代表的な食べ物の一つ「栗」、気温は高くても時期が来れば、それなりに実りの秋になるようですね。
こちらは「バターナッツかぼちゃ」、ここの市場では見かける機会が少ない青果です。
秋の果物の一つ、梨も出荷が盛んになってきてます。これは「豊水」という品種です。
LINEで送る