りんご色々

「お知らせ」でもご案内しておりますように、今月10日より毎週火曜と金曜の午後に「りんご午後市」が開催されます。

午後市では、主に晩生種が主役となってきますが、今日現在の通常の競売では様々な色合いが並んでいて、なかなかカラフルです。

年内は、より多くの皆様に美味しいリンゴをお届けできるよう社員一同頑張りますので、ご期待ください!

手前の青りんごは「王林」で、ちょっと黄色っぽいのが「シナノゴールド」、赤い「シナノスイート」も見えますね。
LINEで送る

猿梨、果林、等

秋の季節が進み、リンゴの出荷も秋映からシナノスイートに主役が移り始めました。

その脇で珍しい果物をいくつか見かけましたのでご紹介します。

手前に秋映が多少見えていますが、その向こう側はシナノスイートが場所を占めていました。
そして、その横のエリアには「アルプス乙女」が控えめに並んでいました。
横に目を向けると「猿梨(サルナシ)」が競りを待っていました。
その横には先日ご紹介の「マルメロ」に似ているけど違う果物「果林(カリン)」もありました。
LINEで送る

今日のリンゴ

10月になり、リンゴの出荷量や品種数がだんだんと増えてきていて、日々の出荷品を見て回る楽しみも増えてきています。

まだまだ秋映が主役ですが、その他にも今日も様々なリンゴが出荷され競りを待っていました。

今日の競りを待つリンゴたち。
右手奥では蔬菜の競りが行われていますが、それが終わったあとに果実の競りが行われます。
これは「サンジョナゴールド」です。「ジョナゴールド」というアメリカ育ちのリンゴに袋を被せない無袋栽培で育てられたリンゴです。
これは「世界一」、大きなリンゴとして有名ですが、これは比較的小ぶりですね。
そして、これは「ルビースイート」、果肉が赤く、その色調を生かした加工用としても良く利用されています。
LINEで送る

夏から秋へ

先週までは夏真っ盛りのような暑さでしたが、先週後半から今週にかけて気温も下がり、やっと秋らしい季節になった感じですね。

市場に出荷されてくる青果も秋らしいものが増えてきていますが、当市場の果物では、これからはぶどうとリンゴでしょうか。とくに今の時期はぶどうが主役ですね。

それぞれいくつかご紹介します。

これは「白根白桃」さすが大きくて美味しそうですね
秋の果物りんごでは「つがる」をはじめとする早生種の出荷量が増えてきています。
そして秋の果物出荷の主役ぶどう、これは「スチューベン」という、とても甘い品種です。
これは「紅環(べにたまき)」という品種で、本来は綺麗な紅色なんですが、今年の異常気象で色付きが薄いうちに甘く食べ頃になってしまったようです。
LINEで送る

リンゴ、洋梨、夏野菜

まだまだ暑さが続いていますが、今日も元気で美味しそうな青果物がたくさん出荷されていました。

夏野菜の代表格のゴーヤ。市場の商品名としては「レイシ」と呼ばれています。
長野県の北部地方(北信と言います)の名産と言われています「辛こしょう」
果物では、洋梨の「マルゲリット・マリーラ」が出荷されていました。いろいろ種類があるので、食べ比べてみたいですね。
リンゴも出荷が増えてきています。主に「つがる」系が多く見受けられますが、これは「さんさ」という品種です。
LINEで送る

夏野菜、観賞用りんご

毎日暑い日が続きますが、野菜や果物にとっては恵みの太陽と暑さでしょうか、日々新鮮な青果が出荷されてきています。

美味しそうな、良い艶してますね。
クラブ(加工用や観賞用の小さなリンゴの呼び名)の一種で「ドルゴクラブ」という品種、とても綺麗な赤色が映えますね。
LINEで送る

桃、りんご

果物の入荷も種類や数がだいぶ増えてきて、いよいよ夏のフルーツシーズン本番を感じさせますね。

川中島白鳳も順次着荷してます
こちらはリンゴの早生種、夏あかり
LINEで送る