大石早生

プラムと一言でいっても色々な種類があり、夏にかけて順次出てきますが、まずは大石早生という種類が名前のとおりトップバッターでしょうか。

実の先端辺りが赤くなり始めた頃が収穫のベストタイミングのようで、あまり赤くなりすぎると店頭に並ぶ頃には熟しすぎてしまうようで評価ランクも下がり、いわゆるB級品扱いとなってしまいますが、大量に作っているとなかなか難しいようですね。

大石早生(おおいしわせ)がたくさん入荷していますが、その中でも
これはA級品になります
こちらの方が美味しそうですが、こちらはB級品扱いになってしまうようです。
LINEで送る