雪中りんご

今日は、この時期としては珍しく雨模様の天気となってしまいましたが、そんな中でも雪中りんごの仕込みが行われました。

雪解けまでの間、雪に埋めておくことで湿度100%の中での保存状態がいろいろ作用して美味しく化ける、というもので、この界隈では他にも雪下人参が良く知られていますが、同じ原理かと思います。

次は掘り出しが楽しみですね。

埋める場所を掘り、整地したところに りんごが入ったコンテナを並べていきます。
そして、きれいに並べた後は
ブルーシートを掛けて雪が直接触れないようにして、パレットを載せて雪の重みに負けないようにしてから
周りから雪を掛けて埋めます
下から見ると、こんな感じです。
LINEで送る

りんご午後市最終回

昨日からの雪が一日中降ったり止んだりの天気でしたが、飯山市内は道路に積雪がなく交通の混乱も無かったことも幸いし、最終回も無事に執り行う事が出来ました。

今年も多くの農家の皆様、買人の皆様のご支援ご協力をもちまして、りんご午後市も計10回、盛大に開催できました。ありがとうございました。

まだまだりんごの出荷は続きますので、今後は通常の朝の市でお取引頂けますよう、よろしくお願い致します。

最終回に出荷されたりんごたち
LINEで送る

りんご午後市(9回目)

今日は全国的には好天のようですが、ここ飯山を始めとする日本海側気候エリアでは冷たい雨が降る一日となっています。

今年はりんごの成長にちょっと例年と違う状況が発生していることもあり、今週金曜日と来週金曜日の市は中止決定となってしまいましたが、今日と来週15日の残り2回の りんご午後市、冷たい空気の中でも威勢よく行われました。

基本は晩生種主体なのですが、少量ながら黄色系りんごも毎回チラホラ、今日もいくつか見受けられました。

こちらは「ふじ」です。
こちらは「サンふじ」、袋掛けしていない ふじりんごで、一番多く出ています。
一方、こちらは「シナノゴールド」です。
黄色系では「王林」もありました。
競りは今日も盛り上がっていました。
LINEで送る

りんご午後市6回目

太陽が出て明るく温かめな陽気の中で、27日も盛大にりんご午後市が開催されました。

ふじ祭りの24日に多く出荷されたからか、それよりは若干数量は少なめになりましたが、それでも多くの出荷を頂き、多くの買人様にお買上頂くことができました。

良い天気ということもあり、周りの山々はまだ雪の気配がありません。(天気が良く明るすぎて、外に焦点を合わせると屋内側は真っ暗になってしまいます)
もちろん、中に焦点を合わせると盛り上がっていました。
LINEで送る

りんご午後市始まりました!

今朝は上信越道の飯山・豊田インターチェンジ辺りでも雪が降る寒い天気となりましたが、その寒さを吹き飛ばすかのような威勢の良い声と熱気が当社売り場には溢れていました。

今日を皮切りに12月18日までの毎週火曜日と金曜日に計12回開催され、台風被害の無かった今年は昨年より多くの皆様に美味しいリンゴをお届けできるものと意気込んでおります。

奥の方では競りが始まっています。
開始直後でまだ様子見の空気がありますが、この後だんだんと盛り上がっていきます。
LINEで送る

りんご午後市

「お知らせ」でもご案内しておりますが、来月10日(火)より、今年も りんご午後市(ごごいち)が始まります。

去年は台風の水害もあり、それなりに影響がありましたが、今年は今のところ大きな問題が無いことより、去年以上に全国各地に北信州の美味しいリンゴをお届けできるよう頑張りますので、ご期待下さい。

これは去年の りんご午後市に出荷されてきたりんご達の写真です

LINEで送る

リンゴ続々

10月というのに、今年も台風が日本列島に接近してきています。昨年10月12日~13日に台風19号で長野県内各地では甚大な被害を受けたことが記憶に新しいところですが、今回も被害が出ないことを祈るばかりです。

そして、昨年の水害を乗り越えて今年もいろいろなリンゴがたくさん出荷されてきていますが、自然の生命力には驚くばかりです。

これは「シナノピッコロ」という品種です。色付きが良いのが特徴です。
これは「千秋(せんしゅう)」という品種です。ポツポツと目立つ斑点があるので見分けやすいですね。
これは「シナノスイート」、りんご三兄弟の次男です。
蜜が入っているものもありますが、育成状況によっては蜜が底に偏ってしまうものもあり(「底蜜」とも言います)残念ながらB級品として値段は安くなってしまいます。しかし流石、味は甘くてみずみずしく絶品です。

LINEで送る

秋の主役はやはりリンゴ

桃、ぶどう、梨、いろいろな果物が採れる長野県ですので、ここにもいろいろな果物が出荷されてきますが、やはり長野県、特に北信州はりんごが美味しく有名ですし、採れる量も種類もとても多いのが特徴です。

10月に入り、ブドウなども非常に多いのですが、やはりリンゴが主役の座に迫ってきました。

ご存知「シャインマスカット」非常に人気があり、最近の主役でした。
リンゴは「シナノドルチェ」などの品種も出荷されてきていますが
今は「秋映(あきばえ)」が出荷の旬ですし、やはり秋はリンゴが主役になってきますね。

LINEで送る

今日のくだもの

飯山市の今朝の最低気温は10度程度と、この秋一番寒い朝でしたが、昼間はそれなりに温かくなり、如何にも秋の季節本番に向かっていることを感じさせる一日になっています。

今朝の競りに出荷されていた果物たちも秋本番を迎えて各種増えてきていました。

これは「ゆめかおり」という10月頃まで採れる品種です。このように夏の余韻がまだ残っている傍らで。。。
秋の果物の柿が並んでいました。これは「西村早生柿」という品種です。
リンゴの「秋映」の出荷量が増えてきました。
そして今日は「早生ふじ」と呼ばれる、いわゆる「ふじ」の早熟系枝変わり品種も登場していました
LINEで送る

リンゴもブドウも続々と

台風12号の影響が懸念されていましたが本州直撃を免れて一安心、でもその置き土産で結構強い風や秋雨前線による被害が引き続き警戒されています。ここ飯山でも今日は朝からずっと雨降りですが、適度な雨量で収まってくれると良いですね。

今日は従来よりもちょっと旬の季節が進んだリンゴが入り始めましたのでご紹介します。

これは「紅玉」です。雨で外が暗かったため照明を反射していい艶を見せてますね。
これは「秋映(あきばえ)」、例年9月下旬頃から出始めます。
そして、9月になってからは露地物ブドウも多く入ってきていますが、いろいろ品種がある中でも「ナガノパープル」はやはり逸品ですね。
LINEで送る