秋の芋

日本列島の太平洋側ではまだまだ最高気温が25度を超える夏日になる日があるようですが、日本海寄りに位置するここ飯山では最高気温が20度程度と秋らしさを感じられる日が多くなってきました。

今日は実りの秋を感じさせてくれる芋をご紹介します。

これは「里芋」ですが、地中では最初に植えられた親芋の周りに子芋が育ち、その子芋の周りに孫芋がたくさんでき、その孫芋が一般に売られている「里芋」です。
これが「親芋」です。スーパーではあまり見かけませんが、市場では取引されていて味も遜色ありません。ただ価格は若干安くなっています。
これは「やまと芋」です。
山芋は地中で育ちますが、地上の茎や葉には この「むかご」が実り、これもホクホクねっとり食感が楽しめます。
LINEで送る

むかご

今朝の飯山は雨が降る寒い朝でしたが、次第に雨があがり晴れ間がでてきて気温も22度程と気持ちの良い秋晴れとなりました。だんだんと季節が進んでいるのが感じられる朝でした。

出荷されてくる蔬菜もだんだんと季節が進んできているようです。

これは「むかご」という、山芋の葉の付け根にできる球芽で、これからが旬です。
LINEで送る