馬鈴薯大中小

夏後半頃から馬鈴薯の収穫も本格化してきているようで、出荷量も増えてきています。

地中に鈴なりに実を付ける馬鈴薯は、その実のサイズが大中小と様々で、同じ出荷でもサイズが豊富に揃っていることが良くあります。

これはお一人様向けにも手ごろなSサイズです
これは、Sよりちょっと大き目のMサイズです
これはLサイズ、家庭で使うにはちょうど良いくらいでしょうか
これは2Lサイズ、結構大き目ですね。
これは3L、かなり覚悟が必要な大きさですね。
ただ、今回最大だったのはこちら。規格外のはね出しB級品扱いでしたが、小さなスイカ程の大きさでした。
LINEで送る

まだまだ桃も出ています(2)

前回に続いて、今回は黄桃系をご紹介したいと思います。

これは「黄金桃」で、袋を被せて育てられたものです
これも「黄金桃」ですが、無袋で太陽の光を浴び、皮が赤色を帯びています
これは「とんがり黄桃」昔話に出てくる桃はこんな感じですが、古来桃はこれに近い形だったと言われています。
これは「月かがみ」、黄色が映えてますね。
LINEで送る

まだまだ桃も出ています

初夏のころから桃は出てきていますが、今は晩生種中心にまだまだいろいろ出てきています。

いろいろな種類で長い間楽しめるのも嬉しいですね。

今回は白桃系をご紹介します。

これは「あぶくま」という、比較的大型の品種です。
これは「川中島白桃」北信州の有名ブランドです。
これは「伊達白桃」晩生種の中でも最後に登場する大玉です
そしてこちらは「白根白桃」です
LINEで送る

夏の蔬菜、まだまだ出てます(2)

先週に続いて、まだまだ出ている夏野菜についてご紹介します。

季節は秋ですが、奇麗な緑色を見ていると、まだまだ夏を感じられますね。

トゲトゲしたところが新鮮さを感じます。
モロッコインゲンも美味しそうです
オクラもまだまだ出てきてます。
LINEで送る

ぶどうも季節です

秋らしい季節になり、いろいろな果物がたくさん出荷されてきていますが、庶民にはなかなか手がでない品種が多く高級な果物になってきた「ぶどう」もいろいろ出荷されてきていますのでご紹介します。

これは「ナガノパープル」長野の名を冠した代表品種です。
これは「シャインマスカット」今や高級果物になってしまい、庶民にはなかなか手が出せません。
そしてこれは「雄宝(ゆうほう)」、シャインマスカットと天山の交配品種とのことで、かなり大粒です
LINEで送る

りんごの季節到来

夏の暑さが一段落したと思ったら一気に気温の低い日が増えてきて体調管理が難しい時期となってきました。

そうなってくると、だんだん秋の果物の本番となってきますが、その中でも北信濃のメジャーフルーツ、りんごも種類や量ともに多くなってきました。

これは「サンつがる」、無袋つがるで太陽の光をタップリ浴びた赤が綺麗ですね。
これは「芳明(ほうめい)」長野県山ノ内町で発見された「つがる」の着色系枝変わりとのこと。
これは「黄王(きおう)」です
これは「シナノドルチェ」赤色が綺麗な長野県生まれです。
LINEで送る

夏の蔬菜、まだまだ出てます

9月に入り季節も気温も秋の気配を感じるようになってきましたが、まだまだ夏の蔬菜がいろいろ出荷されてきています。

食の面では、もうしばらく夏を楽しめそうですね。

ご存じ「ミョウガ」です
これは「モロヘイヤ」です
珍しいものでは、こんなものも。
LINEで送る

まだまだファンタジア

桃やプラム、ネクタリン等の出荷がピークを過ぎ、主役がだんだんリンゴに移り始めていますが、美味しそうな桃やネクタリン等がまだまだたくさん出荷されてきています。

奇麗な赤系の色は遠くからでも目立って夏らしさを醸してくれますね。

これはファンタジアです。
そしてこちらは「秋姫」というスモモです。
LINEで送る

栗、始まってます

秋の季節の絵を描いたら、結構な確率で登場するであろう「栗」が出始めています。

北信濃で栗といえば小布施町が有名ですが、その近隣でも結構作っている農家さんが多くいらっしゃいますので、これからが楽しみです。

LINEで送る

黄色い桃

桃の季節も後半戦になってきていますが、まだまだいろいろ出荷されてきています。

特に黄色の桃について今日はご紹介したいと思います。

量的には、黄金桃が一番多いですね。
これは「月あかり」という品種です
これは「マーマレード」という品種です。
LINEで送る