りんご午後市 最終回

今日は今年一番の冷え込みとなり、飯山地方気象台発表の記録では氷点下2.5度となっていますが、体感ではそれ以上に下がったように感じました。

しかし昼間は太陽が出てきて昼過ぎには6度を超えるくらいとなってきましたが、それでも冷たい空気の中で、今年最後の りんご午後市が寒さを吹き飛ばす勢いで開催され、多くの関係者で賑わいました。

今年は春先の異常気象の影響で、りんごにとっては辛い状況となりましたが、多くの皆様に美味しいりんごをお届けできたのではないかと思っております。

関係各位の皆様方にはご支援ご協力を賜り、ありがとうございました。

LINEで送る

きれいな根菜

冬になってくると葉物の出荷は減ってきますが、その代わりに雪が降る前に収穫してあった根菜類や乾燥させた野菜が増えてきます。

その中でも、ちょっと目を引く鮮やかな色の根菜がありましたのでご紹介します。

これは菊芋ですが、時々奇麗な紅色のものが出荷されてきます。
これは「京くれない人参」、濃い紅色が鮮やかですね
LINEで送る

干し柿

干し柿は長野県南部の市田柿が有名ですが、当市場にも多少出荷されてくることがあります。

長野県南部は晩秋の朝になると天竜川の川霧で一面覆われ、その川霧が美味しい干し柿を産んでいると言われていますが、飯山エリアでも晩秋は千曲川の川霧に覆われることが多く、同じような気象条件が干し柿作りに向いているのかもしれません。

LINEで送る

師走の金星観察

12月、師走となって益々寒い日が増えてきています。

ここ飯山市内でも11月下旬には積雪を記録するなど、だんだんと冬本番が近づいてきていることを実感させられています。

北信濃エリアは日本海側気候の圏内に位置していますので、冬になると晴れの日は少なくなり、雲に覆われたどんよりした天気が多くなってきますが、そんな中で先日は会社横の千曲川堤防の上に宵の明星が奇麗に見えていました。

これは今年最後の明星が見える時期と貴重な晴れと寒い澄んだ空気が重なった幸運によるもので、良い年末になりそうな予感がしますね。

貴重な光景が見えました
冬になると、どんよりした天気が多いです
LINEで送る

鍋の季節

師走となり、いよいよ寒さも本格的になり始めていますが、寒くなってくるとやはり食卓には鍋が恋しいですよね。

市場の出荷品でも鍋が食べたくなるような品物が多く並んでいると、やはり食欲をそそられます。

LINEで送る

シクラメン

当市場は主に青果物を扱う市場ではありますが、花卉も扱っています。

季節ごとにいろいろな花が出荷されてきますが、この季節になると毎年シクラメンを見かけるようになります。

冬場、部屋の中を華やかにしてくれる鉢植え花としては定番で、冬に開花時期を迎える多年草です。

確かに、この花が並ぶだけでも市場の一角が華やかになります。

LINEで送る

漬物の季節

今は年間を通して美味しい漬物が食べられるようになっていますが、昔は冬の間の保存食として漬物が作られていましたので、天然の漬物にとってはこれからがシーズンとなります。

漬物は各家庭ごとに味付けや仕込み方法に個性がある食べ物ですので、特に民宿等では家庭の味として、冬のスキー観光の際の大きな楽しみにもなりますね。

やはり北信濃で漬物といえば、その主役は野沢菜ですね。
干し大根も出荷されてきていますが、沢庵も美味しい漬物ですね
LINEで送る

ふじ祭り

毎年この季節は、りんご午後市が週2回開催されていますが、その中でもこの勤労感謝の日前後には一番盛大なイベントとして、ふじ祭りが開催されています。

今年も多くの農家様はじめとする関係者のご協力のお陰で、良いリンゴがたくさん集まり、盛大に執り行うことができました。参加頂いた買人様、遠方からいらして下さったお取引先様、他、関係の皆様ありがとうございました。

まだまだ出荷は続きますので、引き続きよろしくお願いします。

紅白幕の辺りに贈答用の高値リンゴが並んでいます
LINEで送る

秋色の果実

実りの秋、やはり多くの果物が出荷されてきていて売り場を賑わせてくれていますが、その中でも「これぞ秋の色!」と思わせるような果実も見かけましたのでご紹介します。

柿のこの色は遠くからも目立っていますがっていますが
ザクロの色合いも負けずに目立っています
LINEで送る

深まる秋

まだ雪が降るほどの寒さにはなっていませんが、標高の高い山からは雪の便りも届き始めています。

弊社の周囲にある山々も色づきが進んでいて、そろそろ第一波が来てもおかしくない季節となっていることを感じさせてくれます。

昨年は観光客も雪が少なかったのですが、今シーズンは果たして?

新型コロナウィルス感染症も落ち着いて、雪も程ほどに降って、多くの皆さんがいらして下さることを願って、今日も弊社は元気に頑張っています。

横を流れる千曲川の堤防からの風景も緑基調から橙色基調に変わりました。

LINEで送る