まだまだシャイン

冬がいよいよ本番となりましたが、シーズンに収穫した果実を自家冷蔵庫で保存している農家さんが結構いらっしゃるので、冬でも美味しい北信州産の果物が出荷されています。

しかし、シャインマスカット等は流石に高値となっていて、ただでさえ手が出ない代物がビックリするような値段で取引されています。

市場の人間は目の前を流れていくのを眺めるだけですが、それだけでも幸せな気持ちになりますね。

まさに輝く宝石のようです。
LINEで送る

最近の根菜

積雪前に葉物蔬菜は収穫してしまう必要がありますが、土の中で寝かせて置ける根菜類は積雪後も出荷が多少ある他、意図的に寝かせて味を深めるような取り組みも各地で見受けられますので、これからの季節はそういった蔬菜が楽しみになります。

最近もいろいろな根菜が出ていました。

これは「ビタミン大根」、青首大根と違って緑色の部分は中まで緑色で、名前の通りビタミンが多く含まれていると言われています。
以前もご紹介しましたが「紅芯大根」です。外側も紅色になっていました。
LINEで送る

雪の造形

先日の季節外れの大雪の後は、最低気温は氷点下10度近くまで下がることもありましたが、昼間は好天にも恵まれました。

屋根に積もった雪が少しずつせり出して雪庇となるにつれ、ツララがだんだんと建物に向いてくる現象も現れ、なかなかの造形美となっていましたので、雪国ならではの光景としてご紹介します。

建物から千曲川堤防方面を見た景色です。
LINEで送る

季節外れの大雪

先週後半から全国で大雪被害が出ていましたが、ここ飯山でも被害が出る程ではなかったものの、年末としては例年にない程の雪が週末にまとめて降りました。

昨年は雪不足で大変だったスキー場も、今年は雪は大丈夫です。あとは新型コロナウィルスの影響がどの程度になるか。。。でしょうか。

以前もご紹介した千曲川堤防側の風景は、駐車場の除雪の雪も相まって今日はこんな感じです。
LINEで送る

意外な競売品

当社は飯山市に位置する地方市場なのですが、冬場になると地場の青果が乏しくなるので、買人様のために外部の市場から品物を流して頂いて、来ていただいた買人様が目的を果たせるようにしています。

今日も、県外から美味しそうなイチゴが来ていました。

これは愛知県からですね
これも品種は違いますが愛知県からですね
そして、これは佐賀ですが、パッケージングからして贈答用でしょうか。
LINEで送る

今回の降雪状況

ここ数日は全国的に寒波に見舞われて大雪被害がニュースになっていますが、ここ飯山でも目立った被害は出ていないものの、この時期としては急激に多くの積雪となりました。

そのためか、今回は除雪が追い付いていないようで、道路が圧雪でガタガタとなっていて、これが荷物の搬送には非常に辛い状況となっています。

まだ数日は注意が必要なようですが、大きな被害が出ないと良いですね。

この時期にしてはしっかり降りました
14日にアップした「雪のシーズン到来」で掲載した写真風景は、今日はこんな感じになっています。
LINEで送る

りんご午後市最終回

昨日からの雪が一日中降ったり止んだりの天気でしたが、飯山市内は道路に積雪がなく交通の混乱も無かったことも幸いし、最終回も無事に執り行う事が出来ました。

今年も多くの農家の皆様、買人の皆様のご支援ご協力をもちまして、りんご午後市も計10回、盛大に開催できました。ありがとうございました。

まだまだりんごの出荷は続きますので、今後は通常の朝の市でお取引頂けますよう、よろしくお願い致します。

最終回に出荷されたりんごたち
LINEで送る

雪のシーズン到来

飯山地方は今朝から雪が降り始めて、気温も正午時点で0.9度と上がらなかったことも手伝い、当市場周辺や市街地でも昼には薄っすら積雪となりました。

これから数日はかなり強い冬型になるとの予報ですので、まずは明日のりんご午後市(最終回)が滞りなく開催されることを祈るのみです。

当市場脇にある千曲川の堤防も薄っすら白く雪化粧しました。
LINEで送る

干し物

今まで何回か干した蔬菜をご紹介しましたが、他にもいくつかある中で、目についたものを今日はご紹介します。

これは「干ぜんまい」、初夏の山菜として知られ食されている「ぜんまい」を干したもので、煮物などで重宝されます。
「干し柿」は長野県の南信州エリアの市田柿が有名ですが、ここ北信州の飯山エリアでも頑張って作っている農家さんがいらっしゃいます。
LINEで送る

初冬の蔬菜

今朝の飯山は最低気温がマイナス1.4度まで下がりましたが、周囲のスキー場等も今年は積雪がまだ無いため、まだ蔬菜も出荷されてきています。

これで雪が積もり始めると地物の蔬菜の出荷は地中や雪中に埋まってる分と出荷者の在庫分のみとなってしまいますので、特に葉物系は最終盤でしょうか。

大きくて柔らかそうなキャベツ、競り落とした買人様曰く、料理屋で喜ばれるレベルだとか。
これは「河北(かほく)菜」、茎はチンゲンサイ、葉は小松菜という感じです。
そして「ネギ」は鍋に欠かせませんね。
LINEで送る