春先の出荷品

雪が降ったり暖かい日があったりの三寒四温の季節は、まだまだ新鮮な青果は数少ないですが、季節を表すようなものがいろいろ出荷されてきて、それはそれで興味深いものがあります。

今日も何やら珍しいものや季節物が並んでいました。

これは「凍大根(しみだいこん)」ですが、輪切りにして干す時に使われた穴があいていて「へそ」のような形をしていることから「へそ大根」とも呼ばれることもある、雪国の冬ならではの産物です。
これはまだ小さいですが、一方では春を告げるフキノトウもだんだん出荷が増えてきました
LINEで送る