秋の山の幸

今朝の飯山市は最低気温が0度台と、氷点下の世界一歩手前になり、秋というより冬を感じる程でしたが、秋の里山の幸や風情もまだまだいろいろ出荷されてきていました。

以前ご紹介した銀杏は毎日出荷されてきています。
こちらも以前もご紹介しました胡桃、同じように日々出荷されてきています。(ちょっとピンボケごめんなさい)
キノコも、2色の紅葉したモミジの葉を同封したり、いい色に紅葉した葉を枝ごとセットで出荷したり、と風情のある出荷をされる粋な荷主様もいらっしゃいます。
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です