リンゴ続々

10月というのに、今年も台風が日本列島に接近してきています。昨年10月12日~13日に台風19号で長野県内各地では甚大な被害を受けたことが記憶に新しいところですが、今回も被害が出ないことを祈るばかりです。

そして、昨年の水害を乗り越えて今年もいろいろなリンゴがたくさん出荷されてきていますが、自然の生命力には驚くばかりです。

これは「シナノピッコロ」という品種です。色付きが良いのが特徴です。
これは「千秋(せんしゅう)」という品種です。ポツポツと目立つ斑点があるので見分けやすいですね。
これは「シナノスイート」、りんご三兄弟の次男です。
蜜が入っているものもありますが、育成状況によっては蜜が底に偏ってしまうものもあり(「底蜜」とも言います)残念ながらB級品として値段は安くなってしまいます。しかし流石、味は甘くてみずみずしく絶品です。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です