キノコ始まりました

秋の山菜と言えば、やはりキノコを想像されるかと思いますが、今年も各種出荷が始まっています。北信濃では松茸はあまり見かけませんが、他のいろいろな種類が採れるのでこれからが楽しみですね。

これは天然の「マイタケ(舞茸)」です。見つけたら嬉しくて思わず踊り出す、というところから名前が付けられたと言われているくらいの美味しく貴重なキノコです
これは正式名称「ハナイグチ(花猪口)」ですが、信州、特に北エリアでは「ジコボウ(時候坊)」と呼ばれています。長野県ではよく見かけるキノコですね。
これは「ハタケシメジ(畑湿地)」です
そしてこれは天然の「なめこ(滑子)」、北信濃では良く採れ、これから雪が降るまでは出荷が続きます。
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です